開催趣旨

国内で Android あるいはその周辺のモバイルデバイスのセキュリティに関連した研究に関心を持つ研究者が最新の研究動向や成果の情報を交換したり、open research questions を議論することを目的としたインフォーマルなワークショップを開催します。今回はICSS/IA 6月研究会のタイミングに合わせて研究会終了直後の時間帯に開催します。
基本的に invitation ベースで参加を募っていますが、参加をご希望の方がいらっしゃいましたら遠慮なく世話人までご連絡ください。ネットワーク状況次第ですが、Skype での遠隔参加も可能にする予定です。
ワークショップ終了後は懇親会で引き続き議論ができればと思います。

開催要項

日時:2016/6/7 14:30〜18:00
場所:佐賀大学 理工学部 6号館2階 多目的セミナー室 map
費用:無料

プログラム

  • 15:00〜15:40 IEEE S&P, MoST 2016 参加報告(早大・森)
  • 15:40〜16:20 近年のAndroid security研究動向 (NTT研・秋山)
  • 16:20〜17:00 APKのデータ収集についての懸念、APKの電子署名の状況の Preliminary Work(東邦大・金岡)
  • 17:00〜17:40 Android packerの検知と利用状況の調査、マーケットでのマルウェア生存期間の調査(横国大・吉岡)
  • 17:40〜18:20 APK分析におけるメタデータ活用の有効性(NICT・高橋)
  • 18:20〜18:30 business meeting / closing (次回の相談、会場撤収)
  • 19:00〜 懇親会

世話人

早稲田大学 基幹理工学部 情報通信学科 
森 達哉 (mori@nsl.cs.waseda.ac.jp)