Two papers got accepted

The following two papers have been accepted. Congratulations!

  • Kazuki Nomoto, Takuya Watanabe, Eitaro Shioji, Mitsuaki Akiyama, Tatsuya Mori, “Browser Permission Mechanisms Demystified” The Network and Distributed System Security Symposium (NDSS 2023), February 2023 
  • Tianying Xie, Hayato Yamana, and Tatsuya Mori, “CHE: Channel-wise Homomorphic Encryption for Ciphertext Inference in Convolutional Neural Network,” IEEE ACCESS

Four papers have been accepted!

The following four papers have been accepted to each conference. Congratulations!

  • Atsuko Natatsuka, Ryo Iijima, Takuya Watanabe, Mitsuaki Akiyama, Tetsuya Sakai, Tatsuya Mori, “Understanding the Behavior Transparency of Voice Assistant Applications Using the ChatterBox Framework,” Proceedings of the 25th International Symposium on Research in Attacks, Intrusions and Defenses (RAID 2022), October 2022  (Acceptance rate=35/139=25.2%)
  • Kazuki Nomoto , Mitsuaki Akiyama, Masashi Eto, Atsuo Inomata, and Tatsuya Mori, “On the Feasibility of Linking Attack to Google/Apple Exposure Notification Framework,” Proceedings of the 22nd Privacy Enhancing Technologies Symposium (PETS 2022), July 2022 (Acceptance rate=37/168=22.0%)
  • Ayako A. Hasegawa, Naomi Yamashita, Tatsuya Mori, Daisuke Inoue, Mitsuaki Akiyama, “Understanding Non-Experts’ Security- and Privacy-Related Questions on a Q&A Site,” Proceedings of the Eighteenth Symposium on Usable Privacy and Security (SOUPS 2022), August 2022 (Acceptance rate=37/133=27.8%)
  • Kentaro Sako, Shin’ichiro Matsuo, Tatsuya Mori, “Distributed Random Number Generation Method on Smart Contracts,” Proceedings of the 4th Blockchain and Internet of Things Conference (BIOTC 2022) July 2022

 

科研費課題が採択されました

科研費の基盤研究(A)課題「自動運転システムに対する敵対的入力の理解と対策技術の開発」が採択されました!
自動運転車や自律飛行ドローンを対象として、AI/システムセキュリティの課題に取り組みます。共同研究者として、筑波大学の佐久間淳先生、電通大の菅原健先生、治先生に入って頂いています。

A paper got accepted! (Mal-IoT)

Our paper submitted to the 7th International Workshop on Malicious Software and Hardware in the Internet of Things-IoT 2022 (Mal-IoT 2022) has been accepted for publication. Congratulations, Iijima-kun!

Ryo Iijima, Tatsuya Takehisa and Tatsuya Mori, “Cyber-Physical Firewall: Monitoring and Controlling the Threats Caused by Malicious Analog Signals,” Proceedings of  the 19th ACM International Conference on Computing Frontiers (CF’22), pp. xx-xx, Turin, Piedmont, Italy, May 2022.

【学内向け情報】研究室オープンハウスについて

森研のオープンハウスでは、対面とオンラインの両方で訪問できるようにします。オンラインは oVice を利用します(上記画像のようなイメージ。上記は研究室内のワークショップ開催時の模様)。

事前のアポとりは不要です。都合が良いタイミングに対面でもオンラインでも好きな方で訪問してください。対面とオンラインは人数に応じて同期したり、別々に対応します(それぞれ数名の学生が対応します)

研究室の学生に研究室に関する説明や感想を聞いたり、質問することができます。私は初日に研究室+oVice に出没していますので、聞きたいことがあれば遠慮なく話しかけてみて下さい。

3月22日 10:00-13:00(森在室+オンライン) 14:00-17:00(森、15-16時在室+オンライン)
3月23日 13:00-16:00
3月24日 10:00-13:00

oVice のリンク(URL)は、学内で配布する資料に掲載していますので、そちらからアクセスしてください。探してみてどうしても見つからない場合は、個別に連絡してください。 (mori@seclab.jp) 。URLをお知らせします。対面で訪問する人は63号館5F 0517室に来て下さい。飛沫防止アクリルパネル、消毒液、換気などの対策をしています。

Posted in Lab