年度末でバタバタしてしまいましたので、2月から3月にかけてあったいくつかの出来事をまとめてご報告します。

(その1)牧昌宏君が沖縄で開催された情報通信システムセキュリティ(ICSS)研究会で、DNS over TLS に関する研究発表を行いました。

牧昌宏, 森達哉, “DNS over TLSの実態調査:性能評価と大規模計測” 情報通信システムセキュリティ研究会,2019年3月 [概要]

(その2)博士後期課程学生の渡邉卓弥君と、修士課程学生の丸山誠太君が情報処理学会の山下記念研究賞を受賞しました。

渡邉卓弥ユーザブロック機能の光と陰: ソーシャルアカウントを特定するサイドチャネルの構成 (CSS2017最優秀論文賞)
丸山誠太静電容量方式タッチパネルに対する敵対的な干渉の脅威(CSS2017優秀論文賞)

(その3)修士課程学生の丸山誠太君が辻井重男セキュリティ論文賞大賞を受賞しました。

論文題目: Tap ‘n Ghost: A Compilation of Novel Attack Techniques against Smartphone Touchscreens (IEEE S&P2019)

(その4)修士課程学生の丸山誠太君と飯島涼君が早稲田大学基幹理工学研究科情報理工・情報通信専攻の専攻賞を受賞しました。