SNSアカウント特定の研究成果が報道発表されました

当研究室で修士課程を修了し、現在はNTTセキュアプラットフォーム研究所に勤務しながら社会人博士後期課程学生として当研究室に在籍している渡邉卓弥さんが主導して進めた研究成果が報道発表されました。本研究はNTTセキュアプラットフォーム研究所と早稲田大学の共同研究成果です。

NTT報道
http://www.ntt.co.jp/news2018/1807/180718a.html

メディア
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180718/k10011538051000.html
http://news.livedoor.com/article/detail/15028712/

技術解説
ソーシャルウェブサービスにおける新たなプライバシー脅威「Silhouette」について

論文

  • T. Watanabe, E. Shioji, M. Akiyama, K. Sasaoka, T. Yagi, and T. Mori, “User Blocking Considered Harmful? An Attacker-controllable Side Channel to Identify Social Accounts,” Proceedings of the 3rd IEEE European Symposium on Security and Privacy (Euro S&P 2018), pp. 323–337, April 2018 (acceptance rate: 33/144=22.9%) Preprint version: arXiv:1805.05085 [cs.CR]
  • 渡邉卓弥,塩治榮太朗,秋山満昭,笹岡京斗,八木毅,森達哉, “ユーザブロック機能の光と陰: ソーシャルアカウントを特定するサイドチャネルの構成” コンピュータセキュリティシンポジウム2017論文集,Vol. 2017,No. X, 858-865,2017年10月 (CSS2017 最優秀論文賞) [PDF]

特許登録

研究プロジェクト SFMap の成果が特許登録となりました。
本研究はNTTネットワーク基盤技術研究所、NTT未来ねっと研究所との共同研究成果であり、また科研費・研究活動スタート支援 超高速ネットワーク詳細モニタリング技術の研究による助成を受けました。国内特許に加え、US特許も申請しています。HTTPS 化が進む Web のネットワーク計測に必要な技術であり、今後ますます利用シーンが増えるのではないかと思います。

  • T Inoue, K Ishibashi, A SHIMODA, S Kazumichi, T Mori, S Goto, “Name identification device, name identification method, and recording medium,” US Patent App. 15/546,169 2018
  • A Shimoda, K Ishibashi, T Inoue, S Kazumichi, T Mori, S Goto, “Estimation device, estimation method, and recording medium, ” US Patent App. 15/550,966 2018

科研費採択されました(挑戦的研究・萌芽)

平成30年度 科学研究費補助金(科研費)挑戦的研究(萌芽)に申請していた研究課題「音声セキュリティ研究の開拓」が採択されました。
AIスピーカやカーナビ、スマート家電等、音声データを通じて人間とインタラクトするシステムの普及が進んでいます。そのようなシステムを対象に、音声信号の入出力に伴うセキュリティ脅威の同定と実現性評価、対策手法に関して研究を進めていきます。

関連
AIスピーカへの攻撃評価

A workshop paper got accepted (WOOT18)

Our paper submitted to the 12th USENIX Workshop on Offensive Technologies (WOOT 2018) is accepted for publication. This is a joint work with NAIST and National Institute of Technology, Sendai College. Congrats, Wakabayashi-kun and Maruyama-kun! We note that the first version of this work was done by Hoshino-kun.
We also note that this work was largely inspired by Michael Ossmann’s exciting work presented at DEF CON 22:

S. Wakabayashi, S. Maruyama, T. Mori, S. Goto, M. Kinugawa, and Y. Hayashi, “A Feasibility Study of Radio-frequency Retroreflector Attack,” Proceedings of the 12th USENIX Workshop on Offensive Technologies (WOOT 2018), August 2018. (to appear)

A paper got accepted. (ESORICS 2018)

Our paper submitted to the 23rd European Symposium on Research in Computer Security (ESORICS 2018) is accepted for publication. ESORICS is known as one of the top security conferences. This is a joint work with Aalto University. Congrats, Mika-san!

Mika Juuti, Bo Sun, Tatsuya Mori, N. Asokan, “Stay On-Topic: Generating Context-specific Fake Restaurant Reviews,” Proceedings of the 23rd European Symposium on Research in Computer Security (ESORICS 2018), September 2018 (acceptance rate: 56/283=19.8%) (to appear)

The preprint version of is available at arXiv:1805.02400 [cs.CR].