コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2019)での表彰

10月21日から24日まで長崎県長崎市のハウステンボスで開催された情報処理学会・コンピュータセキュリティシンポジウム2019 (CSS2019) にて当研究室のメンバーが発表した下記4件の研究成果が表彰されました!

【CSS2019最優秀論文賞】 

  • 刀塚敦子,飯島涼,渡邉卓弥,秋山満昭,酒井哲也,森達哉,”Voice Assistant アプリの大規模実態調査

【UWS優秀論文賞】

  • 森啓華,長谷川彩子,渡邉卓弥,笹崎寿貴,秋山満昭,森 達哉,“パスワード生成アシスト技術の有効性評価:異なる言語圏のユーザを対象とした追試研究”

【CSS2019学生論文賞】

  • 櫻井悠次,渡邉卓弥,奥田哲矢,秋山満昭,森達哉,“サーバ証明書解析によるフィッシングサイト検知”

【CSS2019コンセプト研究賞】 

  • 鈴木宏彰,米谷嘉郎,森達哉,”プログラミング言語に対する ホモグリフ攻撃の実現可能性評価

今年度は表彰頂いた4件の論文中、2件が女子学生による論文(そしていずれもが(最)優秀論文賞)というのは、時代を反映(先取り)しているように思いました。ふたりとも本当に鋭く、そしてガッツがあります。研究室主宰者が見るところ、おそらく二人は全然違うタイプなのですが、共通するのは双方ともグリットがきわめて高いことです。
今年度CSSに投稿した彼女/彼らはいずれも本当にひたむきでグリットが高く,どんなフィールドでも大いに活躍していく、これからの人材だと思います。そんな優秀な学生が世に出ていく前に仕事ができるのは大学教員の役得であると感じます。

いずれの仕事も筆頭著者として研究を進めた学生のひたむきな姿勢が良い評価につながったと思います。残念ながら表彰には至らなかった論文もありましたが、いずれの論文も次の研究・技術開発を刺激・喚起する、良い研究成果であると考えています。また、研究としてはCSSをはじめとした国内研究会での発表はあくまでも最終ゴールに向けた「マイルストーン」で、いずれは得られた研究成果をトップカンファレンス等で幅広く発表し、世に広めていくことが次に取り組むべきステップであると考えています。この数年、そうした思いをもって研究を進めてきており、少しながら手応えも感じつつある今日このごろです。

一般に学会で表彰頂くこともトップカンファレンスに採録されることも確率的に決まることですので、なかなか思うようには進むものではないと思います。その上で、我々の真の目的は「世に広め、実益に供する」ことにあり、学会での表彰やトップカンファレンスでの採録はあくまでも「副産物」であると考えています。その目的と手段を履き違えないようにこれからも研究に一意専心していきたいと思います。

最後に大変ご多忙の中、論文を査読頂いたCSSプログラム委員、査読委員、そしてCSSを支えて頂いた実行委員の皆々様に感謝申し上げます。