10月21日から24日まで長崎県長崎市のハウステンボスで開催された情報処理学会・コンピュータセキュリティシンポジウム2019 (CSS2019) にて当研究室のメンバーが発表した下記4件の研究成果が表彰されました!

【CSS2019最優秀論文賞】 

  • 刀塚敦子,飯島涼,渡邉卓弥,秋山満昭,酒井哲也,森達哉,”Voice Assistant アプリの大規模実態調査

【UWS優秀論文賞】

  • 森啓華,長谷川彩子,渡邉卓弥,笹崎寿貴,秋山満昭,森 達哉,“パスワード生成アシスト技術の有効性評価:異なる言語圏のユーザを対象とした追試研究”

【CSS2019学生論文賞】

  • 櫻井悠次,渡邉卓弥,奥田哲矢,秋山満昭,森達哉,“サーバ証明書解析によるフィッシングサイト検知”

【CSS2019コンセプト研究賞】 

  • 鈴木宏彰,米谷嘉郎,森達哉,”プログラミング言語に対する ホモグリフ攻撃の実現可能性評価

大変ご多忙の中、論文を査読頂いたCSSプログラム委員、査読委員、そしてCSSを支えて頂いた実行委員の皆々様に感謝申し上げます。