日経新聞の記事「偽サイト対策、海外に学べ 五輪チケット販売で懸念 強制閉鎖やドメイン活用」に取材協力しました。

早稲田大学の森達哉教授らの調査によると、ネット上の住所にあたるドメインに「tokyo」や「2020」を含み、五輪公式サイトと誤認させるドメインが約950もあることが判明。一部は悪用されていた。

森氏は「金銭のやりとりが生じるタイミングで不正サイトが急増しかねない」と懸念する。三井住友銀行の略称「smbc」に似せて誤認を誘うドメインも増えている。

記事中のデータは、下記で公開している通りです。その後、5月から大きな変化は観測していませんが、来年の開催に向けて今後も注視していきたいと思います。

東京五輪公式サイトに類似したドメイン名の調査分析