SNSアカウント特定の研究成果が報道発表されました

当研究室で修士課程を修了し、現在はNTTセキュアプラットフォーム研究所に勤務しながら社会人博士後期課程学生として当研究室に在籍している渡邉卓弥さんが主導して進めた研究成果が報道発表されました。本研究はNTTセキュアプラットフォーム研究所と早稲田大学の共同研究成果です。

NTT報道

技術解説

Webメディア

新聞

  • 日経産業新聞(6面)
  • 電経新聞(1面)

テレビ放送

  • 7月18日 NHK「ニュースチェック11」
  • 7月19日 NHK「おはよう日本」

論文

  • T. Watanabe, E. Shioji, M. Akiyama, K. Sasaoka, T. Yagi, and T. Mori, “User Blocking Considered Harmful? An Attacker-controllable Side Channel to Identify Social Accounts,” Proceedings of the 3rd IEEE European Symposium on Security and Privacy (Euro S&P 2018), pp. 323–337, April 2018 (acceptance rate: 33/144=22.9%) Preprint version: arXiv:1805.05085 [cs.CR]
  • 渡邉卓弥,塩治榮太朗,秋山満昭,笹岡京斗,八木毅,森達哉, “ユーザブロック機能の光と陰: ソーシャルアカウントを特定するサイドチャネルの構成” コンピュータセキュリティシンポジウム2017論文集,Vol. 2017,No. X, 858-865,2017年10月 (CSS2017 最優秀論文賞) [PDF]

AIスピーカの研究が苫小牧民報でとりあげられました

2018年4月6日(金)の苫小牧民報6面にて、当研究室のAIスピーカに関する研究がとりあげられました。内容は周囲に気が付かれずに第三者がAIスピーカを操作できるリスクに関する警鐘です。

声で電化製品を操作「注目集めるAIスピーカー」家電量販店、今後に期待,苫小牧民報 2018/4/6

AIスピーカへの攻撃評価に関する研究がメディアに取り上げられました

1月23日から1月26日まで新潟で開催された暗号とセキュリティシンポジウム(SCIS 2018)にて、当研究室が発表した下記研究の成果を、テレビ、新聞等のメディアでご紹介頂きました。

飯島涼、南翔汰、シュウ・インゴウ、及川靖広、森達哉
パラメトリックスピーカーを利用した音声認識機器への攻撃と評価
暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS 2018), 2018年1月

この研究は当研究室と、表現工学科の及川研究室との共同研究して進めています。

以下では、報道では割愛されていた、攻撃の成立条件、研究の狙い、パラメトリックスピーカについて補足し、最後に掲載メディア一覧をまとめています。

Continue reading