Posted in Event, Research

Presented a poster at SOUPS 2016

Presented our poster work at SOUPS 2016. We got many useful feedback from the attendees. We are proud that there were no works except ours that performed the replication study, which plays a vital role in scientific research. Also, I should note that this work was done by the great effort of Ota-kun who graduated this spring and was not able to attend the conference.
Based on the findings we extracted through this preliminary work, we are planning to develop tools/systems that improve the usability of authentication for visually impaired person. We also plan to extend our study for generic handicapped people.

Yuya Ota, Akira Kanaoka, and Tatsuya Mori,
I’m Stuck, Too!” Revisiting Difficulties of Using Web Authentication Mechanisms for Visually Impaired Person (poster), SOUPS 2016 [PDF]

Posted in Research

Androidセキュリティ技術の最前線

NICT の高橋健志さんがとりまとめられているアイティメディアの「Androidセキュリティ技術の最前線」という連載に寄稿しました。

Androidアプリマーケットを守る「不正アプリ抽出技術」総解説

マーケットを中心としたアプリやメタデータの解析を中心に執筆した文章なので、つけて頂いたタイトルの「不正アプリ抽出技術」は必ずしも意図していたものと一致していなかったりしますが、セキュリティの文脈でマーケットを解析する目的のひとつは明らかに「不正アプリ検出」ですので、良いかなと思います。

Posted in Event, Research

第2回Android Security ミニワークショップ

佐賀大学にて第2回 Android Security ミニワークショップを開催しました。会場の利用にあたって関係者の皆様には大変お世話になりました。改めて御礼申し上げます。ネタがたまった頃に次回を開催できればと思います。参加のご希望ありましたら森までメールでお知らせください (mori@このURLのドメイン)。

DSC03418

Posted in award, Research

電子情報通信学会IA研究賞

NTT ネットワーク基盤技術研究所の下田晃弘さんの論文がインターネットアーキテクチャ研究専門委員会(IA研究会)の2015年度研究賞を受賞しました。おめでとうございます!

A. Shimoda, K. Ishibashi, S. Harada, K. Sato, M. Tsujino, T. Inoue, M. Shimura, T. Takebe, K. Takahashi, T. Mori, and S. Goto
Inferring the Number of Accesses to Internet Services using DNS Traffic
信学技報, vol. 115, no. 307, IA2015-63, pp. 129-134, 2015年11月. [概要]

この仕事は通信系フラグシップ会議であるIEEE GLOBECOM 2015で発表済みです。

Posted in award, Research

電子情報通信学会ICSS研究賞受賞

NTT セキュアプラットフォーム研究所の千葉大紀さんの論文が情報通信システムセキュリティ研究専門委員会(ICSS研究会)の2015年度研究賞を受賞しました。おめでとうございます!

千葉大紀,八木毅,秋山満昭,森達哉,矢田健,針生剛男,後藤滋樹,”攻撃インフラの時系列変動特性に基づく悪性ドメイン名の検知法,” 信学技報, vol. 115, no. 81, ICSS2015-10, pp. 51-56, 2015年6月 [概要]

この発表の続きはトップ会議のひとつである IEEE DSN 2016 に採択されました。