【学内向け情報】プロジェクト研究Aの履修に関して

  • 機械学習のセキュリティ(adversarial example, model inversion, model extraction)
  • オリンピックWebサイトを標的としたフィッシングサイト調査
  • ロボットセキュリティ(Sony AIBO を使います)
  • 音声認識装置への攻撃
  • 超広帯域無線システムのプライバシー評価
  • その他持ち込みの提案があれば歓迎します

森研でのプロジェクト研究Aの履修に関心がある人は事前にメールで連絡してください(mori@nsl.cs.waseda.ac.jp)。ただし、卒論着手に心配がなく、成績としても十分に余力があることを条件にしたいと思います(プロジェクト研究を頑張りすぎて、卒論着手できないような事態に陥らないように!)。

また、情報収集にあたって、バーチャル研究室訪問の機会を活用してもらってOKです。

バーチャル研究室訪問のお知らせ

研究室配属、プロジェクト研究の検討にあたって例年誰でも自由に研究室を訪問可能な「オープンハウス」を実施していますが、今年は新型コロナウイルスのため、学科としてもイレギュラーな運用をしています。森研では「バーチャル研究室訪問」として、zoom を使ったオンラインでの訪問機会を設けることにしました。

  • 事前のアポとりは不要です。PCとネットワークがあれば自宅から訪問可能です。都合が良いタイミングに訪問してください。「学生部屋」では資料を使った説明があるので、切りが良い時間に訪問すると説明の切りも良くなるかもしれません。
  • zoom のインストール、使い方に関しては下記資料が参考になると思います。
  • 学生部屋(2-3名の大学院生が対応します)それぞれの時間帯でアクセスするURLが異なるので注意してください(対応する学生も変わるため)
    • 訪問時に誰が訪問したかわかるよう、名前を変更してください 例)「早稲田花子(情報通信3年)」
    • 3/20 10:00〜12:00(URL削除しました)
    • 3/20 13:00〜15:00 (URL削除しました)
    • 3/23 10:00〜12:00(URL削除しました)
    • 3/23 13:00〜15:00(URL削除しました)
  • 教員部屋(森が個別に質問対応します)
    • 訪問時に誰が訪問したかわかるよう、名前を変更してください 例)「早稲田花子(情報通信3年)」
    • 3/23 10:00〜12:00 (URL削除しました)
      操作に慣れていませんが、ブレイクアウトルームで個別のグループを作って議論することがあるかもしれません

 

Research Partners

Updated the information about our research partners. Having industry partners is really great to us as we get invaluable opportunities to find/identify interesting research topics that do have impact to the real world. Their financial supports are also greatly appreciated. Hope we can enhance the circle of research collaboration.

山下記念研究賞

博士後期課程1年の飯島涼君が情報処理学会の2019年度山下記念研究賞受賞しました(ただし授賞式は来年の3月)。同賞は研究会およびシンポジウム発表論文の中から特に優秀な論文を選び、その発表者に授与されるもので、飯島君がコンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2018)で発表した「超音波の分離放射による音声認識機器への攻撃:ユーザスタディ評価と対策技術の提案」に対して表彰されたものです。なお、同発表はCSS2018でも最優秀論文賞をしています。おめでとう!